· 

FP1級きんざい実技のワンポイント

皆さんこんにちは

 2月のFP1級きんざい実技試験を受ける方は勉強が進んでますでしょうか?受験者がFP1級の学科合格者やCFPⓇ保持者の皆さんですので、2割弱の落ちるパターン(あがってしまい頭真っ白、勝手に口がどんどん動いて余計なことを言ってしまう、倫理規定を教科書通りに答えない)に陥らないように、私がとった方法をお伝えしたいと思います。(全受験者の平均点よりちょっとだけ上の点数ですが)

 

 身近にきんざい実技でのFP1級合格者が周りに少なかったので、色々なブログを読んだり、テキスト【FP技能検定1級実技(資産相談業務)対策問題集第六版】を読み込んで整理していく中で、この方法を取りました。(実技には大体100時間位勉強してます。かけすぎかな)

 

 ・試験当日は、ちょっと高級な貸会議室に十数人位に分けられて(飲み物持ち込み自由)、そのうちの2名が呼ばれて(順番は決まってます)、後ろの机で問題文を15分間与えられて、その後に約12分間の面接がありますが、

 ①頭真っ白になっても答えることが出来る方法

  →6個の倫理規定、事業承継の答えに出てくる対策、不動産に関してFPが調べることの縦読み(風)を何回も何回も書いて覚えて、試験当日の待ち時間もそれをノートに書いてました。そして、問題文を与えられた瞬間にそれを読む前に書き込みました。こんなイメージじです。(お経みたいですね)

 

 倫理規定 顧利(顧客利益の最優先)

      守秘(守秘義務)

      顧説(顧客への分かりやすい説明)

      コンプラ

      インフォ(インフォームドコンセント)

      能啓(常に能力啓発に努める)

 

 事業承継 役退(役員退職金)

      株下(株価下げて移転)

      小(小規模宅地)

      金(金庫株)

      遺(遺言書 10か月ルール 遺留分)

      中承円(猶予、固定、除外)

      生保×2(生保で納税準備、円滑な遺産分割)

      代償(代償分割)

      死亡(死亡保険)

      直系(直系尊属からの住宅取得、結婚子育て、教育)

       

      ※テストの当日はなぜか

 

       株 引下退生買猶

       円 遺10留徐固家信

       納 金庫生保小宅種類

       生 直3配特相歴

 

       って書いてました。代償がどっか行ってますね(汗)

 

 不動産  現(現地確認)

      権(権利確認)

      需(需要、借地権取引)

      公(公法上の規制)

      市(市場環境)

      税(税務確認)

      提(提案内容の妥当性)

      融(融資してくれる金融機関)

 

 これを書くのに2分も掛からないですし、面接中に頭が真っ白になっても、読めば良いと安心出来ます。

 

 ②勝手に口がどんどん動いて余計なことを長時間言ってしまう。

  →これは私もやってしまいました。質問に回答している最中に試験管の表情が硬くなって行き、イライラがこちらにも伝わって来て、厳しかったです。これは、短く答える癖をつけておくしかないと思います。受けてみて分かったのですが、短く答えると試験官が漫才のツッコミ方のように「それはなぜ」「具体的には」というようにかぶせて来るので安心してください。

 

 FP1級きんざい実技のワンポイント?でした。